マッチングアプリwith(ウィズ)の体験談の話。60円で出会える恋活アプリ!口コミ・評判はいかがなものなのか?

with(ウィズ)とは

メンタリストDaiGo

with(ウィズ)とは、メンタリストDaigoが監修している恋活マッチングアプリのことです。

利用料金は、最安値で160です。

with(ウィズ)の魅力は何といっても、真剣に恋活をしている男性や女性が多いところです。

with(ウィズ)の登録ユーザの男女比は男6女4です。

一般的な恋活アプリの男女比は7:3と、男女の人数差はwithの方が小さいです。

男女共にマッチングしやすい環境であります。

さらに、マッチングアプリではよくある、ヤリモクなどの遊び目的の人が他のマッチングアプリと比べて低いという魅力がwith(ウィズ)にはあります。

メンタリストDaiGo監修で自分の性格を元に科学的に理想の相手とのマッチングをアシストしてもらえます。

面白いイベントが多いこともwith(ウィズ)の特徴です。

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ
開発元:IGNIS LTD.

with(ウィズ)の使い方”男性編”

スマホを持つスーツの男性

早速ですが、with(ウィズ)の具体的な使い方を紹介していきます。

女性と男性では使い方が少し変わります。

まずは男性の使い方から順に説明していきます。

男性の使い方その① プロフィール登録

with(ウィズ)を使い始めた男性は、まずプロフィールを作成します。

  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 地域
  • プロフィール画像
  • 共通点

などを記入してプロフィールの大まかな作成は完了です。

プロフィール作成は適当にしがちですが、このプロフィールの作成が女性と出会うために非常に重要になります。

プロフィールの作成が悪いと今後のマッチング率に大きく影響しますので、作り方が分からない人は以下の記事を参考にして下さい。

with(ウィズ)には便利な機能があります。

プロフィール作りを徹底的にアシストしてくれるメンタリストDaiGoの存在です。

自己紹介文の書き方・内容、何文字ぐらいで自己紹介を書いた方が良いのか、プロフィール画像のおすすめ案まで、ありとあらゆるアドバイスが受けられるのはwithの嬉しい機能の1つです!

どうしても自己紹介文が思いつかない人には、自動的に理想的な自己紹介文を作成してくれる機能があります。

自動生成された自己紹介文に自分なりのアレンジを加えるだけでOKというて手軽な始め方もあります。

男性の使い方その② 本人確認

プロフィール作成の次は、本人確認を行います。

本人確認書類をwith(ウィズ)の運営に送る必要があります。

本人確認はアプリを使っている人物が18歳未満でないか、ボットなどの機械ではなく実在する人物なのかを確認するためのプロセスです。

本人確認が完了しないと女性とのメッセージのやり取りが出来ません。

なので、with(ウィズ)を利用する上で本人確認は必須事項となっています。

本人確認書類として必要なものは、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳

などのいずれ1つです。

スマホで撮影して、画像をアップロードするだけです。

個人情報の流出・漏洩を心配する人はいるかと思います。

with(ウィズ)の運営会社は、認定個人情報保護団体のJAPHICの対象事業者です。

高いレベルの個人情報保護意識を持っていますので、安心して利用できます。

男性の使い方その③ 有料会員にすべき理由

男性会員は有料会員になるべきです。

無料でも使えることは使えますが、出会うためには有料会員になる必要があります。

料金詳細は後述しますが。

男性は有料会員にならないと女性とのメッセージのやり取りが出来ません。

お互いにいいなと思ってもメッセージのやり取りが無ければ実際に会うことはありません。

無料会員では、最初の1通しか送れません。

with(ウィズ)は月額料金なので、有料会員になってしまえば何通でもメッセージを送ることが出来ます。

本気で恋活をしたいと思う男性ならば、有料会員になることをオススメします。

ここまで読んでwith(ウィズ)を使ってみたいと思った男性はコチラ!

with(ウィズ)の使い方”女性編”

あぐらをかいてスマホを操作する女性

次に、with(ウィズ)の女性の使い方を紹介します。

基本的には男性との使い方に大差はないです。

しかし、女性ユーザーにしかない特典などもあるので、説明していきます。

女性の使い方その① プロフィール登録

女性会員がwith(ウィズ)を使い始めたときに最初に目にする画面は男性と特に変わりません。

  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 地域
  • プロフィール画像
  • 共通点

などを記入して、プロフィールの登録を行います。

女性は男性からアプローチをかけられる確率が高いので、プロフィールはよく見られます。

男性同様むしろ男性以上にプロフィールに気を使う必要があります。

プロフィールを意識するだけでマッチング率が大きく変化します。

モテるプロフィールの作り方は以下の記事を参考にして下さい。

どうしても自己紹介文の書き方が分からなければ、with(ウィズ)のガイドに従ってプロフィールを作成すると無難なプロフィールが作れるので、これを参考にするのも良いと思います。

女性の使い方その② 本人確認

次に行うのは、本人確認です。

男性会員と同様で、本人確認が完了しないと男性とのメッセージのやり取りを行うことは出来ません。

お互いにいいねを押して、マッチングしてもメッセージのやり取りが出来なければ出会うことは出来ません。

本人確認書類として使える書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳

これら5つがあります。

もし上記の本人確認書類が無い場合は、クレジットカードなどで年齢確認ができます。

しかし、クレジットカードを使う場合は100円の出費が必要になるので要注意です。

女性の使い方その③ 利用料金は無料

女性がwith(ウィズ)を使う上で最もメリットなのが料金です。

女性はwith(ウィズ)の全サービスを無料で利用できます。

なので、気軽に始めることができます。

with(ウィズ)にはポイント制度があり、1ポイントで1いいね!を送ることが出来ます。

女性は男性の有料会員と同じ50ポイントを毎月受け取ることが出来ます。

つまり、1ヶ月間で50人の男性に対して「いいね!」を送ることができます。

女性は基本的に男性からいいね!を受け取れるので、ありがとう!を返す方が多くなるので、男性ほどポイントを気にしなくても良いです。

女性が完全無料で利用できるwith(ウィズ)で理想の恋活をしてみたいと思った人はコチラ!

with(ウィズ)の利用料金

ハートのお金

with(ウィズ)を利用すうために料金を説明していきます。

注意点があって、決済方法によって料金が若干違います。

決済方法の違いでサービス内容が変わるなんてことはありませんので、一番安く利用できる決済方法を選ぶべきです。

with(ウィズ)には、VIPオプションが用意されています。

VIPオプションを利用すると、

  • いいね!が出来る回数が30回から50回に増加
  • フリーワードで検索可能
  • いいね!の多い順で女性を表示
  • 自分のログイン情報を伏せれる

の特典があります。

料金を見て余裕があるならVIPオプションを付けることをおすすめします。

クレジットカード決済(Web版/Android版)

1ヶ月プラン3,400円/月
3ヶ月プラン2,600円/月
総額7,800円
6ヶ月プラン2,300円/月
総額13,800円
12ヶ月プラン1,800円/月
総額21,600円
1週間プラン
※21歳以下限定
1,300円
VIPオプション2,800円/月

AppleID決済(iOS版)

1ヶ月プラン3,900円/月
3ヶ月プラン2,933円/月
総額8,800円
6ヶ月プラン2,800円/月
総額16,800円
12ヶ月プラン2,067円/月
総額24,800円
1週間プラン
※21歳以下限定
1,400円
VIPオプション3,400円/月

GooglePlay決済(Android版)

1ヶ月プラン3,900円/月
3ヶ月プラン3,000円/月
総額9,000円
6ヶ月プラン2,800円/月
総額16,800円
12ヶ月プラン2,000円/月
総額24,000円
VIPオプション3,400円/月

まとめ

いかがだったでしょうか。

with(ウィズ)を使ってみて個人的に感じた事は、男性にも女性にもおすすめ出来るマッチングアプリということです。

なぜなら、サクラや業者のような女性ユーザーは全くいないからです。

それから、恋活を求めている女性が多く、真剣に出会いを探すことが可能だからです。

月額利用料金も高くなく、月額1,800円ということは、160ということになります。

1日60円なんて正直、楽勝です(笑)

60円で出会いが増えるなら、合コンや街コンに参加するお金がもったいないです。

最後まで読んでみてwith(ウィズ)を使って理想的なパートナーに出会いたいと思った人はコチラをチェック

おすすめの記事