【非モテ改善】出会えない人の特徴3選!モテない原因を考察してみた

皆さんはマッチングアプリや出会い系サイトを使っていますか?

昔はインターネットで出会うなんて悪い(ネガティブ)イメージが強かったです。

今ではインターネットを通じて出会うのが当たり前の時代になってきています。

しかし、いざやってみると出会えないなんてことありませんか?

この記事では、なぜ出会いないのか、モテない人の特徴や原因は何なのか、を徹底的に解説します。

第一印象が悪い

人は見た目が9割

まず第一に考えられる非モテ原因は『第一印象(ファーストインプレッション)』です。

竹内一郎さんの『人は見た目が9割』という書籍がベストセラーになるなど見た目の影響力は計り知れないものです。

メラビアンの法則って知ってますか?

メラビアンの法則とは、話の内容(言語情報)よりも表情(視覚情報)や口調(聴覚情報)の方が強く影響するというものです。

その割合は、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%です。

視覚情報とは、マッチングアプリや出会い系サイトでいうところのプロフィール画像です。

つまり、プロフィール画像が悪いとマッチングすらしない状態に陥ります。

プロフィール画像が悪い人は、要改善する必要があるというわけです。

では、どんなプロフィール画像が良いのか説明します。

イケメンor美女なら正面で勝負

イケメン・美女じゃないなら正面はNG

イケメン・美女は正面の顔で十分魅力を発揮することが出来ます。

もちろん自分が綺麗に映る角度を理解している人は、その角度で撮れば良いと思います。

ただしカッコイイ・可愛いと勘違いしている人も多いので要注意です。

友達などの第三者に確認してもらうのが良いです。

正面の写真は証明写真のようになってしまいます。

免許証などの顔写真が良く見えることは、相当顔が良くないと厳しいです。

顔に自信が無いなら横顔・斜め顔で勝負

横顔は良く見えやすい

誰しもイケメン・美女とは限りません。

むしろイケメン・美女なんて少ないです。

イケメン・美女じゃないとマッチングしないんでしょ、と思う人は諦めないで下さい。

そんな事は全くありません。

ただし、ちょっと良いかもと思われた方がマッチング率が上がる事は事実です。

そんな時に便利なのが横顔・斜め顔です。

ちょっとずるいですが、横顔・斜め顔で撮るとブサイクでも良く見えます。

45度が一番盛れるとも言われているくらいです。

ズルくても、まずはプロフィールを閲覧してもらうことが第一です。

胸から上で撮るべし

胸上の写真が良い!

良くありがちなのが顔は映ってるけど小さくて拡大してもよく分からないという人です。

そういうプロフィール画像は圧倒的に閲覧されにくいです。

なぜなら興味が湧かないからです。

男性・女性問わず胸から上の画像をメイン画像にするべきです。

全身の写真などは顔がよく分からなくなります。

スタイルの良さなどをアピールしたい人は2枚目以降のサブ画像で良いです。

複数人の写真は論外

複数人NG

複数人の写真はもう論外です。

友達でないとどれが本人か分からないし、楽しさも身内しか伝わらないことがほとんどです。

友達のレベルなどを詮索される可能性もあります。

友達と映っている写真はサブ画像などに設定しましょう。

友達の顔などにはモザイクを入れるなどして、自分が写真の中のどの人物なのかすぐに分かるようにしましょう。

加工アプリに頼りすぎるな

加工アプリに頼るな

加工アプリって色々ありますよね。

代表的なのだと、

  • SNOW
  • スナップチャット

などがあります。

しかし、加工しすぎると不細工さを紛らわしたり出来るメリットはありますが、出会った後に悲惨なことになりがちです。

加工しても美白くらいにしておくべきです。

小顔にしたり、目を大きくしたりすると正直別人になります(笑)

プロフィール完成度の低さ

プロフィールは非常に大事です。

元々知り合いなのであれば簡単なプロフィールで良いです。

マッチングアプリや出会い系サイトでは、赤の他人のためにプロフィールを細かく設定する必要があります。

ではどんな内容をプロフィールに書くべきなのかを紹介します。

自己紹介文は長すぎず短すぎず

自己紹介文は簡潔に!

自己紹介文が人が出ます。

長文でぎっしり書くと、

  • 必死すぎる
  • こだわりが強そう
  • サクラ・業者感なのかも

などと思われてしまう可能性が高くなります。

また、短文すぎると、

  • やる気なさそう
  • 真面目に生きてなさそう
  • どんな人なのか分からない

などと思われてしまう可能性が高くなります。

じゃあどれくらいの文字数がベストなのか疑問に思いますよね。

ズバリ!

約300文字です。

多少の前後はあっても良いと思いますが200文字から400文字くらいで書くようにしましょう。

趣味は絶対に書こう

共通の趣味で距離を縮めろ

人はどんな話題が一番話しやすいかというと、共通の趣味です。

趣味が同じであれば話が盛り上がるし、仲良くなるスピードが早まります。

共通の趣味で検索している人は多いです。

よって、マッチングしやすくなりますので、趣味は絶対にプロフィールに書いておきましょう。

登録した目的

登録の目的

どういう目的で登録しているかをプロフィールに記入しておくと良いです。

その理由は、マッチングアプリは色々な目的を持った人が登録してるからです。

例えば、

  • 恋活がしたい(彼氏・彼女が欲しい)
  • 友活がしたい(友達が欲しい)
  • 婚活がしたい(結婚したい)

などがあります。

もちろん上記以外の目的を持った人も存在します。

プロフィールに記載しておくと相手が見つかりやすくなります。

なので、マッチング率や出会える確率が高まります。

入力可能な項目は全て埋める

チェックシート

マッチングアプリでは基本的にプロフィールに選択型の入力項目などがあります。

そういった用意されている項目は全て選択・記入するようにしましょう。

条件を指定した検索に引っかかりやすくなります。

つぶやき機能やコミュニティ機能を使っていない

マッチングアプリでは「つぶやき機能」や「コミュニティ機能」などが用意されています。

出会いが十分に満足出来ている人であればこういった機能を使わなくても良いですが、マッチングアプリを使ってもなかなか出会えないという人は用意されている機能は最大限利用しましょう。

つぶやく時の注意点として、目的を書くことが大事です。

例えば、「話し相手(メル友)が欲しい」とか、「新宿で頻繁に飲みいける方募集」などです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 第一印象が悪い
  • プロフィール完成度の低さ
  • つぶやき機能やコミュニティ機能を使っていない

もしも、この3つの原因に当てはまっていたらなかなかマッチングしていないと思います。

まずはマッチング率を上げないと出会える可能性は限りなく低いままです。

モテるテクニックは大事ですが、それ以上にモテない原因改善すべきです。

人としての価値を高めてハッピーなマッチングライフを楽しみましょう。

どのマッチングアプリがおすすめかは以下の記事を参考にしてね。

おすすめの記事